ダバダ火振

_MG_9239.jpgのサムネール画像 この三ヶ月ほどハマっているのがこの栗焼酎ダバダヒブリ

お中元にも随分と使わせてもらいました。

三ヶ月前、高知の幼なじみよりお土産に三本頂いた。

飲みきれないようなら誰かにプレゼントして下さいとの事、

一本目はチョット変わった香りの焼酎だなと思い、隣にお裾分けか?なんて思っていたのですが

しかし飲むにつれ

何ともこのまろやかな口当たりが、匂いのしないウイスキーのようなこの香りが

僕に中毒症状を引き起こさせました。

二本目からは誰にも渡しませんこのお酒!一気に三本飲み干していました。

このストレスの多い、お年頃とこの世の中

晩酌だけが24時間中、一番リラックスできる至福のひと時、これは強い味方のひとつです。

この酒、高知産ですが高知には在庫が無く通信販売で大阪や名古屋から買っております。

高知産なのに県外から買う、この流通の不思議??? ネット通販時代 

その方が酒蔵的には都合がよいのでしょうね??? 埋められぬ事の無い疑問の穴