2011年11月

もう買いたくないリップクリーム

_MG_2859.jpgのサムネール画像 本当は買いたくないんです。

なぜなら家に4〜5本まだあるから

欲しい時にはいつもないリップクリーム。

他人にチョット貸してと言えないリップクリーム。つきあい始めの男女なら別ですが

僕の唇の乾きは突然やってくる。唾液でチト湿らすも、すぐまたカッサカサ。

これが始まると唇が気になって気になって万事集中できない。

やはりリップクリームしか手だてがない。

いつも持ち歩いてないので買うしかない。

そんなんで家には4〜5本コロコロなのに二本入りを買ってる自分が理解できない。

 

 

 

 

秋の空002

_MG_0635.jpgのサムネール画像10日前の、秋の空with新宿パークハイアット

今年の秋の空もそろそろ見納めかな

セーター、マフラーが必需品になってきたコノゴロ。

 

 

 

不意に現る『いい女』

アルファ_2706.jpgのサムネール画像 首都高走行中、隣に現れたアルファロメオのスポーツカー 

後で調べたら、アルファ 8C コンペティツィオーネ ¥220.000.000 だそうです 流石!絵になる。

積載車の赤とトンネルのグレー相性のいい色のコントラストの中、白く輝くスーパースポーツ!

そのクールさに街で不意に見かけた「いい女」の如く目が追ってしまいます。

男の性ですな。

 

丸の内イルミネーション

_MG_2646.jpgのサムネール画像 昨日17:30丸の内の中通り。すでにイルミネーションの用意ができておりました。

イルミネーションのトンネルを車でくぐりながら見たそれは

路面店のエクステリアと相まって豪華絢爛心がちょっと踊ってしまう。

樹木はまだ紅葉途中。グリーンと紅葉とイルミのコントラストもまた乙です。

そしてまだ寒くもないのに冬の予感。今年もあと45日。購買意欲が湧いてくるのが解ります。

丸の内中通りイルミ演出に心を打たれながらも微かにその心カスメル電力問題。

まさに光りと影。

 

 

 

カメラ選び

_MG_1020.jpgのサムネール画像 ブログ用のカメラとしてCanon EOS kiss X5を購入しました。

実は僕、仕事で使うカメラ意外のカメラにまったく興味がない

このカメラに行き着くまでに一ヶ月ほどかかりました。

仕事のカメラはとにかく耐久性と高画質!

チョイスは簡単最高峰機種を選べばいいCanonで言えば、1DX mark3。

しかし今回のカメラ選びのテーマは携帯が容易で画質はまーまーでいい。

こうなると選択肢が膨大な数になる。

最初のリサーチは携帯重視でレンズとボディが一体となったいわゆるバカチョンカメラ。

しかし、どれもこれも撮影した写真は奥行きの無い平面的なものになる。

原因はレンズ性能が低いことにある。これはダメ

次に最近でてきたミラーレスカメラ、これはレンズ交換ができて高品質のレンズも装着可能。

なのだが撮影スタイルが気に入らない!カメラ本体の液晶画面を見ながらの撮影。

いつもファインダーを覗きながらの撮影スタイルに慣れている自分には解せない。

写真の良し悪しは何を撮りたいかです。

それはファインダーの中に映し出された映像の約5%に集中することです。

そうなると液晶見ながらの撮影は難しい。後付けファインダーがある物もあるが何だかややこしい。

そうなると結局いつものお馴染み一眼レフカメラ。

構えてみると自分の体と心がやはり写真を撮るというスタイルになる。あたりまえの事ですが.......

デジタル技術は日進月歩ですが人間工学は完成されているんだなぁと納得。

人間の形はまだまだ変わらないからね

ならばその中で携帯しやすい小さいもの。

各メーカー小さい一眼レフだしてますがそこはもう迷う事なくCanon! 

レンズも沢山もってるし操作も慣れてる。選んだのは前述Canon EOSkiss X5

いつも持ち歩いているトートバッグにも入ります。

レンズは単焦点レンズ EF35mmF2を装着しております。 

 

 

 

 

紅葉開始

_MG_2235 のコピー.jpgのサムネール画像 三鷹の杜、井の頭の樹木が三日前より色付き始めました。

この葉っぱたちの色、良い色ですな

なんか落ち着く紅葉色。北風の肌に当たる緊張感。

毎年の事ながら、いとおかし。

葉っぱの表面は拡大して見てみると高級な革のバッグのようなテクスチャーなんです。

四季のある日本で得たこの感覚は日本人であることを再確認させてくれます。

『ただ歳とっただけ』という見解もありますけどね.......花鳥風月。

 

 

 

 

秋の空001

 

 

_BBB1173_1.jpgのサムネール画像

秋の空は思わず記憶に残る表情を見せてくれます。

 

10月とある日のJR信濃町駅  真っ青  

ビルへの空の映り込みがあまりにキレイだったのでツイ

このビルの映り込み計算上なら素晴らい設計者ですね。

 _BBB1159.jpgのサムネール画像

 

 

 

今時のクルーズコントロール

 

_MG_0262.jpg

 

約10年&10万Km長年付き合った愛車VOLVO xc70と別れを告げ

色々と思考、試乗、死闘、の結果またVOLVO!

そしてV60ボルボ最新作

この2002〜2012年の間、車は進化してました。

最新のは『水田学のボルボ』みたいなPCみたいな感じで設定項目がメジロオシ。

スイッチいっぱい

最初の設定をして一ヶ月も経ったら、もう設定変更困難者。

かすかな記憶は、はるか雲海のかなたに........  全ての電子機器こんな感じです

だけども、もの凄く感動したことがあるので報告します。

それは全車速追従機能!ACC(アダプティブ.クルーズコントロール)

これは使ってみて凄い!早い話がストーカー行為です。

先行車が停まると停まるし、始動するとそれについていくようにV60も始動。

走行中、アクセル&ブレーキ、自分自身でほとんど触っていません。

高速道路と一般道で使ってみましたが、どちらにせよ渋滞中が楽ですね。

ステアリングだけ操作すればSTOP&GOはACCが全部やってくれる。

(以前はゴルフ帰りの長距離運転、アクセル&ブレーキの操作に結構フクラハギ泣いてました

一般道の渋滞時でこんなにACCが活躍してくれるとは思ってもいませんでした。

クルーズコントロールって高速道路でしか使わないものだと思っていましたから、驚きもひとしお。

ノロノロ運転には威力発揮しますよ

また停止するときのブレーキング&始動のアクセルワーク、これが実に優しいんです。

今、このシステムが導入されているのはVOLVO以外はスバルにあるらしい。

電気自動車、ハイブリッドの技術もすばらしいが、その影でこんな技術も磨かれていたのですね。

下取りに出したxc70が売れないと、車屋が嘆いておりました。

そりゃ売れないだろうなー。

『丈夫で長持ち』の時代は終わっています。『丈夫で長持ち』それはあたりまえ。

今は、それに『プラスアルファーなんなのか』の時代なんです。勉強になります。

 

アジフライ

_MG_1239.jpgのサムネール画像我輩はアジフライが好物である。

中でも小さめの鯵で衣が薄め!もちろん揚げたて食感バリバリのヤツ

それに柑橘キュッとやって醤油で食す。書いてるだけで口内唾液まさに潤沢

その後、焼酎ロックorビールでグビッ 脱!疲労感。

取りはこのシッポ!これがなきゃアジフライではない。

なんでこんなに美味いろうか。

海老フライもそうだけど、このしっぽの美味さはどうなってんだろうね